【サクラマスジギング】今年2回目のリベンジ釣行!

釣行記
スポンサーリンク




2022年4月。今シーズン2回目となる、サクラマスジギングに挑戦しました。ここでは、釣行時のタックル情報などを紹介します。

大船渡「千祥丸」

今回お世話になったのは、大船渡市崎浜港の「千祥丸」さんです。

サクラマスは北の海から南下してくるため、岩手では青森に遅れること3月に解禁になります。

【サクラマスジギング】三陸のサクラマスの釣り方紹介!

ネットの釣果情報を見てみると、船中3~5本が上がっているようでした。坊主も覚悟しなければならない状況ですね。

しかし釣果が芳しくなくても、年に1本をどうしても釣りたいのがサクラマスです。

当日は波が少しありましたが、天気は良好でした。

日光から目を守るためには、サングラスを準備しておきましょう。

釣りに【偏光サングラス】は必要?おすすめも紹介!

4つのジグでローテーション

今回は4本のジグをローテーションして使いました。

どのジグがその日のマスと相性がいいのかは、やってみないと分かりません。そのため、タイプの違うジグをローテーションする戦法です。

ケイムラ仕様のジグパラバーチカルショート

まず1本目はケイムラ仕様のジグです。

カラーはライブベイト。紫外線によりボディー側面に隠された小魚マークが出現するケイムラ仕様です。ケイムラ仕様の光る小魚とジグパラ波動のダブル効果でターゲットに誘いかけます。

過剰なフォールアクションを抑えた肉厚ボディ

2本目は細めのジグです。

このジグは軽いジャークで素早く横を向くスライドと、その後のフリーズアクションが特徴です。過剰なフォールアクションを抑えたペブル系の特徴である肉厚ボディに、スリム化してスリットを入れ水抜け感を追求しています。

去年はこのジグでサクラマスを釣ったので、期待の1本です。

スローフォール系ロングジグ!

3本目は、スローフォール系ロングジグです。

フォールスピードとシャクリやすさに拘った、非対象ボディーです。重心は若干フロントよりにしているので、ジャーク時にジグが飛びやすく、スムーズな平行姿勢に持っていくことが可能となっています。

ソフトジャークとフロントフォールで「魅せて喰わせる」

4本目はショートタイプのジグです。

短めのコンモリとしたジグを探していたところ、上州屋の別注カラーが販売されていましたので試してみます。

created by Rinker
¥3,025 (2022/09/26 12:04:59時点 楽天市場調べ-詳細)

スケソウダラのオンパレード!

開始してから1時間もせずに1回目のアタリがありました。

しかし、マス特有の走り回るような引きではなく、ピクピクとした引きです。上げてみると「スケソウダラ」でした。

もう少し大きい方だと食べても美味しいのですが、今回はリリースします。

釣りに持っていく板氷の調達方法!作り方を紹介!

なぜか同乗者ばかりに・・・

アクションに特に違いはなく、使っているジグも様々なのに、なぜか釣れる人と釣れない人がいる。

どうやら今回は運がなかったようです。釣れたのは隣の同乗者さん達だけでした。

隣で釣れるのを見てるのは悔しいですね。

私が釣りで使っている「針外し」はコレ!

釣行動画

今回はサクラマスを釣りあげることが出来ませんでした。

スケソウダラの連発と最後には船酔いをしてしまいました。

動画にも上げましたので、よかったらどうぞ。

【サクラマスジギング】今年2回目のリベンジ釣行!

コメント

タイトルとURLをコピーしました