【ナメタガレイ!】縁起物を釣って年を越せるか!アイナメも大漁!

釣行記
スポンサーリンク




三陸で子持ちのナメタガレイは、年越しの縁起物。

ハイシーズンは1,2月なので、まだ少し早いですね。

それでも今年中に釣って年越しに食べたい!

ナメタガレイは三陸では縁起物

年越しには縁起物があり、各地でそれぞれ特有なものがあります。

紅白の「カマボコ」。細く長く家や寿命を伸ばす「年越しそば」。年神様へのお供えの「お雑煮」。不老長寿の薬酒「お屠蘇」。子孫繁栄、子宝の「ニシン」。

そして、三陸では「ナメタガレイ」もその一つ。

その謂れは、この時期の卵が黄金色をしているため「商売繁盛」や、その卵がたくさん入っているため「子孫繁栄」などです。

そのため三陸の釣り人は、年越し前にナメタガレイを狙います。

”恋し浜”大船渡市小石浜漁港

今回の釣り場は、大船渡市小石浜。

最寄りの駅が「恋し浜駅」として有名になりました。

もともとの駅の名前は、地名に由来する「小石浜」でした。しかし、ブランドホタテ「恋し浜」に由来し改称。

それ以来、ホタテの貝殻に願い事を書いて待合室に吊るす「ホタテ貝の絵馬掛け」も行われるようになり、恋愛のパワースポットとして名を広めるようになりました。

小石浜漁港は越喜来湾に面した漁港。

比較的ある程度の水深があるため、漁港での堤防釣りも楽しめます。

長めのハリスで“おちょぼ口”に食い込ませる

このエリアで釣れるカレイには、マコガレイ、ヒガレイ、ナメタガレイがあります。

ナメタガレイはその中でも口が、「おちょぼ口」のように小さい。さらにエサをすぐに飲み込むことは少なく、少しづつ「居食い」する性質があります。

そのためナメタガレイの仕掛けは、長めのハリスを用いて飲み込みやすいようにする必要があります。

レシピは煮つけで決まり!

釣ったナメタガレイは、煮つけがベスト!

運よく卵入りが釣れれば最高の一品になります。

YouTube動画

今回の釣行をYouTubeにUPしました。

もしよかったらご覧ください。

【ナメタガレイ!】縁起物を釣って年を越せるか!アイナメも大漁!

おわりに

今回ななんとか一枚釣り上げられました!

サイズはあまり大きくはありませんでしたが、これで年を越せそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました