【ワカサギ】田瀬湖のスワンボートでワカサギ釣り!

釣り方
スポンサーリンク




2021年12月。極寒の田瀬湖でワカサギ釣りを敢行しました!

氷上ではないワカサギ釣りの楽しみ方を紹介します。

花巻市東和町「田瀬湖」

田瀬湖は、北上川水系猿ヶ石川に建設されたダム湖です。洪水調節、灌漑、水力発電を目的に作られ、人口湖としては、東北でも有数の規模です。

田瀬湖の周辺には、釣り公園、ヨットやカヌーが楽しめる海洋センター、アウトドア派に人気の田瀬湖オートキャンプ場などがあります。

今回は、釣り公園でワカサギ釣りに行ってきました。

スワンボートでワカサギ⁉

岩手県のワカサギ釣りスポットは、一戸町の「大志田ダム(菜魚湖)」、盛岡市玉山区の「岩洞湖」、そして東和町の田瀬湖があります。

菜魚湖と岩洞湖は湖面が凍るため、氷上でワカサギを釣ります。

岩洞湖でのワカサギの記事はコチラ。

【岩洞湖】真冬のワカサギ釣り!まさかのマスも!

一方、田瀬湖は湖面に乗れるほど氷が張りません。そのため、田瀬湖ではボートの上からの釣りになります。

広さなら手漕ぎボート

ボートは手漕ぎボートと、足漕ぎスワンボートがあります。

手漕ぎボートは1人~2人乗りです。

広く使えますが、風を遮るものがありません。まして雪が降っていると、寒さとの戦いになります。

寒さの軽減ならスワンボート

スワンボートは首の部分が外されています。

手漕ぎボートのように広くはありませんが、屋根がある分寒さが和らぎます。スワンボートは2人乗りと、4人乗りがあります。

手漕ぎボートもスワンボートも、ポイントまでは船でけん引してまらえます。自分たちで運転する必要はありません。

仕掛け紹介

仕掛けは一般的なもので構いません。しかし、仕掛けのサイズは比較的大きいものが扱いやすいです。

改めて紹介しますが、田瀬湖のワカサギはサイズが大きいです。

針号数は1.5以上でも大丈夫です。活性が低い日は狐針も考えますが、袖針を基本に考えます。

錘も大きめでも大丈夫でしょう。

号数換算はコチラを参考に。

【釣り】錘の号数、オンスって?グラムの換算表

田瀬湖はサイズに期待できる!さらにゲストも!

田瀬湖のワカサギが大きいのは、エビを食べているからという噂もあります。そのため、シシャモのようなサイズも期待できます。

さらに外道として「マス」が上がることもあります。どうやら近隣の養魚場から流れてきたものらしいです。

マスがかかっても、ワカサギの仕掛けだと無事に釣りあげるのは至難の業です。水面までは上がっても、水から上げるとハリスが切れてしまいます。田瀬湖の釣りでも、マスがかかる確率はかなり低いです。しかし、もしもということもあるので、小さなタモや、思い切ってワカサギ水槽で取り上げましょう。

動画

今回は35匹くらいの釣果でした。しかし同行者はマスも釣れ、釣果も上々でした。

良かったら動画もどうぞ。

【ワカサギ】田瀬湖のスワンボートでワカサギ釣り!

コメント

  1. […] 【ワカサギ】田瀬湖のスワンボートでワカサギ釣り! […]

タイトルとURLをコピーしました